ブログネタ
B’z に参加中!
B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE" FINAL で燃えつきたっ♪(その1)のつづきです。

座席について場所をとりあえず確認したので、さっそく着替えることにした。この時点でTシャツは前も後ろも汗が完全にしみこんでました。本当に暑い(*_*)

アリーナ席からいったん出てトイレにいく。
しかし、みんな同じことを考えているらしく、なかなか着替えることができそうにない。

30秒ほど待ってみっちーは思った。

どうせこのトイレには男性しかいないんだから、ここで上半身裸になっても全く問題ないだろ(^o^ )

ということで、トイレ(大きいほう)が空くのを待つのはやめてトイレに入ったらその場で即着替え。10秒ほどであっさり着替えが終わって、意気揚々とアリーナ席まで戻る。

目の前に座っている女の子2人組は改めて歌詞をチェックしながらその場で歌っていた・・・かなり気合いが入っているみたい。

しばらくしてミュージックがだんだん大きくなってきた。
もう少しでライブが始まる証拠ということで、みんな慌てて席に向かっているみたい。

しかし、席は後ろのほうとはいえ、センターステージがめちゃくちゃ近い。メンバーがセンターステージに来たら間違いなく肉眼でメンバーが見える気がする。

そんなことを思っている間に真っ暗に。

『うぉ〜〜〜〜!!!来たっ!来たよっ(^o^ )』

周りの歓声もすごいね。いよいよLIVE-GYMのはじまり〜〜♪

今から2時間半、全力をもって騒いでくれるっ(^O^)/


〜B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE" FINAL〜

1. ALL-OUT ATTACK

映像が映って『ALL-OUT ATTACK』のイントロが流れ始める。
手拍子で『タンタンタン♪ タンタンタン♪』と叩いていると・・・

TAKのギターが

『ジャーンジャジャジャジャジャ
 ジャーンジャジャジャジャジャ
 ジャーンジャーンジャーンジャーンジャジャジャジャ』 × 2

となりはじめる。

その瞬間一斉に『ウォー!キャー!』の連発。
すげぇ・・・名古屋もすごいけど大阪はもっともっとすげぇ〜♪
ファイナルでアリーナだからか、みっちーの周りのテンションは半端じゃなく高いぞっ♪

当然、ギターの音が流れてきた瞬間に、みっちーの中でも何かのスイッチがONになった♪♪視界をよくするためにかぶっていた帽子を後ろにかぶりなおす。ばっちこーい!!!!!!

『今日は何曜日か思いだせ〜な〜い♪』と稲葉さんが歌い始めたら(むしろ歌い始める前から?)いきなり大暴れのみっちー。

当然、途中からはこんな感じ↓

ふ〜る〜さ〜との〜『 uh〜uh〜(^o^ ) 』
やさし〜いあめ〜 『 uh〜uh〜uh〜(^o^ ) 』
て〜をに〜ぎり〜 『 uh〜uh〜uh〜uh〜uh〜(^o^ ) 』
        か〜えすやわらか〜いてぇ〜♪

セ〜メ〜ナキャイケナ〜イ♪

『おぉ〜ら〜あた〜〜〜っっく!!!\(^O^)/』

キ〜メ〜ナキャイケナ〜イ♪

『おぉ〜ら〜あた〜〜〜っっく!!!\(^O^)/』




(略)




Yeah〜! 『イェーイ!!!\(^O^)/』

生まれてきた意味を知るため〜にぃ〜♪

ということで1曲目から暴れているみっちーとその友達。購入したタンクトップがだいぶ汗まみれになっていますが何か?(^o^ )←何かじゃねぇよみっちー


2. juice

そして、すぐさま「juice」熱いねぇ〜♪これ最後のシャウトがまた好きなんだよね。

汗だくでもうどろどろぉ〜♪
変になるほど気持ちいい〜♪

『Baby,it's alight\(^O^)/』

これはずっと続くのぉ〜♪

『Baby,it's alight\(^O^)/』

こればかりは誰にもわか〜るまぁ〜い〜♪

以下ピョンピョンしながら腕をじゃんじゃん振り上げ狂喜乱舞♪
最後のサビに入る前は当然

『HEY!HEY!HEY!HEY!

 HEY!HEY!HEY!HEY!』

と8回叫ぶことも当然♪♪

もはや『ぶったおれるまで大騒ぎしてやるぜ〜!』な気分だね☆

なお、これを見ただけではみっちーだけが狂喜乱舞しているように見えますが・・・みっちーの周りほぼ全員がこんなんでしたから♪♪さすがファイナルだね(^o^ )


〜B'zのLIVE-GYMへようこそ〜

稲葉さんが「B'zの・・・・B'zの・・・・」と言ったところで、

「そこ!うるさい!(^o^ )」

と、それまでお客さんはメンバーの名を絶えず叫んでたので、それに対し注意したのかな・・・・とシーンとなると・・・。


「そこの・・・・ピンクの!」


(・・?) えっ??

すると、LEDにはピンクのフリフリのメイドのような服を着たノリノリの女の子が、警備員に押さえつけられている様子が映ってる。。。

彼女はそれを振り切って、服を脱いだ!
その下に着ていた黄色いTシャツには、


「B'zのLIVE-GYMにようこそ!!」の文字!!


続いて、先ほどの彼女と同じ格好をした人が現れて、またしても警備員に押さえつけられている。

警備員を振り切ってる間にカツラがずるっと・・・

男じゃんよ!!(*_*)

彼もまた、先ほどの彼女と同じように服の前をあけると、こちらは裸。そして、胸板には同じように


「B'zのLIVE-GYMにようこそ!!」の文字が。


さらにさらに、警備員も帽子を脱ぎ、カメラに向かって頭を向ける。坊主の頭にかかれてた言葉はもちろん!


「B'zのLIVE-GYMにようこそ!!」


その様子を、ステージ上でヤンキー座りで見てた稲葉さん。


「ふ〜ん・・・(^_^ )」


そして、B'zのLIVE-GYMによ〜こそ〜〜〜!!

『イエーイ!\(^O^)/』

やっぱりこれを聴くといつもテンションがぐいっと上がるね☆彡


3.ピエロ

「ゆるぎないものひとつ」の2nd beat。実はみっちーの中では隠れた名曲だったりする♪さすがにピョンピョン飛び跳ねることはないが腕のほうはもちろんこんな感じ→\(^O^)/Get Away Get Away♪


4.ネテモサメテモ

これもミディアムテンポの曲。ピョンピョン飛ぶことはないけど腕はこんな感じ→\(^O^)/ネ〜テモサメテ〜モ〜悩める脳みそ〜♪

最後に稲葉さんが『よ・ろ・し・くぅ!』としめる。


5.ゆるぎないものひとつ

これ実はアルバムの中ではいちばん大好きなんだよね。大田さんがエレアコでジャカジャカ弾き、TAKがエレキ。稲葉さんがしっとりなんだけどサビは力強く歌い上げていた。これは泣けるなぁ♪何回聴いてもあきないね☆彡

大田さんのギターの弾き方を見ながらみっちーも早くこれくらい弾けるように練習がんばらないとっ!とさらに気合いを入れることができたよ♪

〜MC〜 

「久しぶりに振り付きの曲もあるということで・・・。

これからはつっ立って歌っているだけじゃなくで、踊れなきゃダメだって言うので・・・。

あのころ・・・鏡の前で踊ったことを思い出すなぁ〜(←デビュー当時のことかもしれない。)

幸運にも歌える曲があったら歌ってください。

不幸にも!知らない曲があったらなんか歌ってください。

なんとなく口をあけてるうちにあってくるそうです。」

ということで

稲葉さん:「恋の!」

観客(みっちー):『サマーセッショ〜ン(^O^)/』


6.恋のサマーセッション 〜ダンサー登場〜

おぉ、なんかステージ横から学生服をきたダンサーがやたらたくさん出てきたぞ♪歌にあわせて楽しそうにダンスをしております。コーラスは大田さんみたい。

間奏のところでは一人の女の子が稲葉さんに近づき、愛の告白のような演出があったね。


7.MVP  〜またしてもお姉さんダンサー登場〜

来たっ!「MVP」が来たぞっ(^o^ )
振り付けは完璧にマスターしていたみっちー。ばっちこーい!!!

稲葉さんも「今日踊っとかないと当分踊れないぜっ(^o^ )」とノリノリだっ♪

さらに、覚えることができなかった人たちのためなのか、ステージの画面には振り付けがアップで映っていたよ。

稲葉さんも「はい、これがMです!、そしてこれがVです。」

と説明してくれてた。「P」はわかりやすいように横を向いて。説明してたね☆

いやぁ〜たっぷり踊った踊った♪♪


8.BAD COMMUNICATION

おぉ〜なつかしい!!渚園のとき以来じゃないのか!これ!
イントロが流れてきた瞬間にみっちーの中で何かスイッチが入ってしまったようです(^o^ )

そして、サビでは当然ピョンピョン飛び跳ねながら狂喜乱舞していたみっちーでした。

最後に稲葉さんが「Bad・・・Communicatioo〜〜〜〜o〜〜〜〜oh〜〜!!!!!!」

うん、やっぱりこのシャウトかっこいい!!みっちーもこれくらいシャウトできるようになりたいね。


9.ultra Soul

間を入れずすぐにultra soul。この曲だかはジャンプしないようにしてた。なんでかっていうと・・・京セラドーム大阪はultra soulで観客がジャンプするとものすごい振動で周辺地域が揺れるらしい。。。すごいよなぁ。だけど腕はやっぱりこんな感じになっていたみっちーでした。→\(^O^)/

最後は

「ultra soul!!」 『ハーイ!!\(^O^)/』

「ultra soul!!」 『ハーイ!!\(^O^)/』

「ultra soul!!」 『ハーイ!!\(^O^)/』

「ultra soul!!」 『ハーイ!!\(^O^)/』

てなわけで、いつもは3回だったけど今年は4回でした。なんで4回やったのかはわからないけどね。。。


〜TAK-増田セッションソロ〜

いつも思うけどTAKのギターソロは本当にすごい。何がすごいってその正確なリズムと柔軟で安定した指の動き。ギターをはじめてみると改めてTAKはすごい!とおもいしらされるね。

Deep Purpleの「Smoke On The Water」とか、Jeff Beckの「Cause We've Ended As Lovers」が流れていたと思う。


10.雨だれぶるーず

ジャッジャ♪ というギターとともに始まった雨だれぶるーす。
これはピタッと立ち止まったまま気合い入れて歌ってる。

後半のシャウトはCDで聴いたときもすごいけど生はもっとすごいね。迫力のあるシャウトだっ♪♪


そして・・・いよいよ・・・

「え〜、せっかくなのでここでバンドのみなさんの生の声を聴いてもらおうと思います。あそこに小さなステージがあるんですけどそっちに行ってみたいと思います(^o^ )」

おぉ〜!渚園の再来だぁ〜!!いいじゃないの〜♪♪

そして・・・センターステージに移動だぁ!!!!

ばっちこーい!!!!!!\(^O^)/

つづく

よろしければえいっ!とブログランキングへクリックっ(^O^)/